トップ学校紹介校長あいさつ

学校紹介


校長あいさつ

関西高等学校の使命

関西高等学校の創立は明治20年です。
当時の日本は江戸から明治へという歴史上の大きなうねりの中にあり、西洋文明の強烈な影響下、教育分野においても急速な変化が見られた時代でした。ここ岡山の地でも「岡山薬学校」という医学・薬学分野のパイオニアを育成しようとする進取の気概を持つ学校が創設されました。それが私たちの関西高等学校の始まりです。
爾来126年、創立時の精神は「天分発揮」「敢為の精神」「質実剛健」という校訓として連綿と継承され、平成の今日も大輪の如く輝き続けています。こうして脈々と流れ続けるカンゼイの長い歴史的潮流を永遠に伝承し、更なる輝きを保持し続ける義務が私たち学園関係者にあります。
私たち関西高等学校関係者一同は、学園創立者の熱き魂を根幹とし、次代を担い世界に飛翔するパイオニア精神を持った生徒を育成することを使命として教育に専念します。

高校生の持つ無限大の夢をサポート

学校法人関西学園 関西高等学校 学校長 桑原五郎

高校時代とは長い一生から鑑みるとたかが3年です。しかしこの3年間は少年を一人前の大人に成長させ、その人の一生を決定づける大切な期間でもあります。
人には生来、その人だけが持つ才能が必ず備わっているはずですし、その人なりの無限大の夢もあるはずです。そうした自分だけの才能や夢を模索し、夢を掴む努力を続けるのが高校時代ではないでしょうか。
関西高等学校は、皆さんの才能の探求や個々の夢の実現を教職員全員で精一杯サポートします。新入学時に不安や焦りで指針を見失っていた人も、カンゼイでの3年間で希望に満ちた未来に羽ばたく大人として「カンゼイに来てよかった!」という感慨を持って巣立って行って欲しいと私たちは強く願っています。無論この学校にはその道のプロフェッショナルが揃っています。
カンゼイでの3年間、勉強に部活動にと敢為の精神を存分に発揮する皆さんの入学を期待します。

関西高等学校 学校長 永P C


ページのトップへ戻る