トップ学校紹介卒業生合格体験記

学校紹介


卒業生合格体験記

関西高校での3年間があったから今の自分がある!
仲間とのふれあいや部活動を通して見つけた個性と才能、そしてたゆまぬ努力が、大きな夢を実らせています。

普通科

荒木 邦彦 大学進学コース 荒木 邦彦(岡輝中学校出身)
>> 岡山県立大学 保健福祉学部
初め中学の友達もまわりにいなくて、不安の色が隠せませんでしたが、何日かたつとクラスメイトと仲良くなりました。勉強もペースをつかみ、日々の授業に積極的に取り組むようになっていきました。関西の授業はとても楽しくてわかりやすく、集中して聞いていると自然に身につく授業です。そうして3年間、授業を大切にする姿勢を続けているうちに、先生が国公立大学への推薦の話しを持ちかけてくださいました。
今、私は関西高校に来て正解だったと胸を張って言うことができます。ともに支えあうことのできる仲間がいるからです。
小松 聖 特別進学コース 小松 聖(岡山中央中学校出身)
>> 上智大学 神学部
中学のときうまく体調管理ができなかったことから、関西高校へ入学するにあたってひとつの目標を立てました。それは皆勤賞をとることです。それを心がけ勉強に励んでいると、担任の先生から「きみは英語を伸ばせ」とのアドバイスをもらいました。その言葉がとても嬉しく、定期考査でも納得のいく点が取れるようになり、英検2級にも合格しました。ひとつの教科に自信がつくと、ほかの教科でもがんばろうという気になり、苦手な科目にも積極的に取り組むようになれました。
みなさん、高い志を持って高校生活を送りましょう。それに向かって励むことが自分を高めることです。関西高校にはその環境が充分に整っていますよ。
藤田 章弘 特別進学コース 藤田 章弘(総社東中学校出身)
>> 北海道大学 理学部
「受験は他人との勝負ではなく、自分自身との勝負だ」という友達の言葉でぼくは冷静になりました。むやみに熱くなりすぎると上滑りしてしまいます。関西高校では、努力する人は多くの先生がサポートしてくれます。それはスポーツにおいても勉強においても変わりません。関西高校に任せれば3年後は間違いありません。みなさん、関西でがんばってください。

商業科

上田 剛史 ビジネス情報コース 上田 剛史(福田中学校出身)
>> 東京ヤクルト・スワローズ入団
念願のプロとなりましたが、シーズンも始まり日々練習と試合の毎日です。一軍という最高の舞台でプレーできるまでは、努力の積み重ねだと思って頑張っています。これも母校の野球部で毎日厳しい練習に耐えてきたからできることだと思います。
「野球は自分の仕事だ。自分の好きなことをやってお金が稼げるとは幸せだ。とことん練習に励むぞ。」これが今の気持ちです。自分をこれまで支えてくれたみなさんに感謝するとともに、今も忘れぬ関西魂でがんばります!
ダース 匡 ビジネス情報コース ダース 匡(生駒南中学校出身)
>> 北海道日本ハム・ファイターズ入団
「がんばれ、がんばれ、ダース!」という声援がいまだに耳から離れません。ハンカチ王子と投げ合ったぼくは今、日本ハム・ファイターズでがんばっています。今度はプロとして、また甲子園のマウンドで観客を沸かしたいと思っています。なにかに打ち込む、それが高校生活で一番大事なことだと思います。
山本 進也 特別進学コース 山本 進也(東山中学校出身)
>> 関西大学 商学部
私が3年間で一番感じたことは、目標を持つことの大切さです。入学したころはこれから始まる学校生活にいくらか不安も感じていましたが、多くの友人や先生方に恵まれ、後は自分の目標を立てるだけとなりました。それからの私は資格検定にひとつずつチャレンジしていきました。その結果がどうであれ、目標に向かって取り組む自分の姿は今後の大きな財産になります。みなさんも高校生活を悔いの残らないよう、一日一日を大切に送ってください。

電気科

植杉 大智 情報コース 植杉 大智(操南中学校出身)
>> 中国職業能力開発大学校 情報技術科
男子校という環境は中々おもしろく、友達もいっぱいできてとても楽しい3年間が過ごせました。ハンドボール部は、大会では悔しいことだらけでしたが、ともに練習をしてきた仲間との絆が深まりました。
家ではあまり勉強の時間が取れませんでしたが、その分普段の授業では力を入れて取り組み、資格もいくつか取得できました。そのおかげで推薦入試を受けることができ、現在中国職業能力開発大学校(通称ポリテク)で情報技術を学んでいます。これは何より担任の先生をはじめとする先生方のご指導のおかげだと感謝の気持ちでいっぱいです。
今井 卓志 情報コース 今井 卓志(御南中学校出身)
>> 株式会社きんでん勤務
私は関西高校に入学して、一から電気の知識や技術を学びました。そして様々な資格試験にチャレンジしました。そして、先生方の熱心な指導のおかげで、「高校生ものづくりコンテスト」の電気工事部門で県大会1位、中国大会2位となりました。さらに技能五輪ユース大会である「若年者ものづくり競技大会」出場という成績を残すことができました。
今は、「きんでん」という大阪の大企業に就職し、お客様が求める以上の技術を身につけようといろいろな研修でがんばっているところです。

ページのトップへ戻る