学校紹介


卒業生合格体験記

関西高校での3年間があったから今の自分がある!
仲間とのふれあいや部活動を通して見つけた個性と才能、そしてたゆまぬ努力が、大きな夢を実らせています。

普通科

白神 直弥 国立進学コース 白神 直弥(平成23年度卒業)
>> 広島大学
先生に指導していただき、苦手科目の過去問や小論文を繰り返し勉強したことで自信がつき、目標の大学に合格することができました。
間野 雄介 特別進学コース 間野 雄介(平成23年度卒業)
>> 同志社大学
放課後の教室勉強で、先生方に授業でわからないところを質問し、確実に理解するようにしました。放課後の教室は何人も学習者がいて、切磋琢磨しあい目標の実現に繋がったと思います。
佐藤 裕修 大学進学コース 佐藤 裕修(平成20年度卒業)
>> 福岡大学
3年間は野球と勉強を両立させる日々でした。顧問の江浦先生は、学生時代は野球も勉強もトップクラスだったそうなので、自分も部活から遅く帰っても頑張って勉強に取り組みました。部活を引退してからは放課後の補習や勉強会で充実していました。
長尾 達矢 特別進学コース 長尾 達矢(平成20年度卒業)
>> 法政大学
ハンドボール部では、諦めずに続けることの大切さを学びました。関西は伝統ある男子校ですが、先生も生徒もみんな明るくてとにかく楽しかったです。学習面では先生方が丁寧に指導して下さったので塾に通う必要はなかったです。
松田 智大 国立進学コース 松田 智大(平成20年度卒業)
>> 岡山大学
3年間、毎日出される課題を、分からないところを友達と考えたり先生に聞くなどしてこなしていました。信頼できる先生方についていくことで見事目標大学に合格でき大変嬉しく思っています。
玉利槙悟 国立進学コース 玉利 槙悟(福浜中学校出身)
>> 岡山大学
1番の思い出は、軟式野球部に入っていて春の中国大会で優勝したことです。他の科に比べると、授業が7時間あるので部活の練習時間が短くなってしまったり、テスト週間は部活が休みになるので、仲のいい友達と学校に残って一緒に勉強したりと、部活動も勉強もがんばりました。今は、将来体育の先生になれるように大学でがんばっています。
ラウス 真実 大学進学コース ラウス 真実(総社東中学校出身)
>> グアム大学
関西でラグビー部に入って、本気でやる楽しさを知りました。花園に2回出ましたし、これからもラグビーをつづけたいと思っています。将来は父のように世界中をまわって仕事をしてみたいです。男子校をマイナスに考えるかもしれませんが、男子校だからこそ、素で話せたし、来てよかったです。部活と勉強の両立についても、どんなにつらくてもできないことじゃないことを学びました。

商業科

小倉 貴大 スポーツアスリートコース 小倉 貴大(平成23年度卒業)
>> 明治大学
勉強と部活動を両立させて目標大学に入学しました。部活動では厳しい練習を乗り越えて、甲子園ベスト4という結果を残すことができました。
横田 晃輝 キャリアアドバンスコース 横田 晃輝(平成23年度卒業)
>>三菱自動車工業
部活動と両立させながら、危険物取扱者、特殊免許など資格を取得しました。資格を活かした会社に就職することができました。
大饗 丈弘 健康・福祉ビジネスコース 大饗 丈弘(平成20年度卒業)
>> 関西学院大学
小学校3年生から卓球をしていたので、関西でも迷わず卓球部に入りました。試験中も勉強と部活動を両立させ、目標大学に入学することができました。将来は学校の教師になって卓球を教えたいです。
林田 佑輝 情報ビジネスコース 林田 佑輝(平成20年度卒業)
>> トヨタ自動車
ボート部の活動と勉強を両立させるのは大変でしたが、3年間とても充実していました。目指していた第一希望の会社に就職でき、自分でも驚いています。社会人になってもボートを続けていこうと思います。
大岡 史弥 特別進学コース 大岡 史弥(平成20年度卒業)
>> 早稲田大学
小学生の頃から少林寺拳法の道場に通っていて、入学前から関西へ行くと決めていました。3年間は少林寺拳法一色でしたが、勉強とも両立できたと思います。将来は、尊敬する顧問の大橋先生のようになりたいです。
真鍋 智也 情報ビジネスコース 真鍋 智也(富山中学校出身)
>> 大阪経済大学
僕は、卓球部でがんばっていました。最初は男子校だし馴染みづらいかなと思ったけど、みんな明るくて体操部や野球部や水球部のみんなと仲良くなって楽しかったです。 先生は熱心で、大学や進路のことで親身になって相談にのってくれたり、補習をしてくれたりしました。部活も勉強も、先生のおかげで充実した3年間が送れました。将来は、検定にどんどん挑戦して税理士を目指します。
矢吹 俊祐 特別進学コース 矢吹 俊祐(倉敷西中学校出身)
>> 同志社大学
簿記をやっていてよかったです。全商の1級がとれて大学の進学が決まりました。水泳部に入っていたのですが勉強との両立も、担任の先生が「お前ならやっていけるよ」と力をくれました。勉強はちゃんと授業を聞いて、家で復習していれば特別なことをしなくても大丈夫です。関西はスポーツだけと思われるかもしれませんが、勉強もがんばれば有名大学に行けると思います。

電気科

森田 智仁 情報コース 森田 智仁(平成23年度卒業)
>> 中国職業能力開発大学校
将来のために、危険物取扱者と第1種、第2種電気工事士の資格を取得しました。3年間充実した学校生活を送ることができました。
島本 勇紀 情報コース 島本 勇紀(平成23年度卒業)
>> パナソニックエクセルプロダクツ株式会社
生徒会の仕事や文化祭などの学校行事は率先して手伝いました。男子校だからこそ素で話ができ、ずっと付き合える友達ができました。
藤原 頌太 電気コース 藤原 頌太(平成20年度卒業)
>> 明治大学
ボート部に入って、勉強もスポーツもでき、スポーツの楽しさややりがい、苦しいと決めるのは自分次第だということなど、多くのことを学びました。全国大会で日本一になれたので、大学でも日本一を目指します。
山口 裕太 情報コース 山口 裕太(平成20年度卒業)
>> 中国電力グループ 株式会社エネルギア・ライフ&アクセス
3年間で、電気工事士、工事担任者、危険物取扱者の資格を取ることができました。放課後の補習があったからです。資格が活かせる会社へ就職するという目標が達成できました。
馬場 渉 電気コース 馬場 渉(芳田中学校出身)
>> 村田製作所
思い出に残っているのは修学旅行で、友達とスキーで一緒に転んで楽しかったです。電気科の授業では、オームの法則やブリッジ回路など印象に残っています。難しかったのですが、関西では先生方がわかりやすく教えてくれたので、苦労はなかったです。これからもいろいろなことに挑戦したいです。

ページのトップへ戻る